news RIDDLEより、メンバー脱退のお知らせ
この度、Drums.YutoとGuitar.ShoがRIDDLEを脱退しました。
以下、メンバーからのコメントです。

-------------------------------------------------------
僕はRIDDLEを辞める事になりました。
今までの4年間本当に沢山の方々にお世話になりました。
いつもライブに来てくれて応援してくれた皆さん、一緒にツアーを回ってくれたバンドマンの皆さん、
ライブハウスのスタッフさん、アパレル関係者さんやドラムメーカーさん、
そして何より4年間同じステージでいい音を鳴らしてくれたRIDDLEの皆、本当に本当にありがとうございました。


今回活動休止を発表したタイミングでRIDDLEを辞めることが決まっていたのですがバンド側から『絶対に戻ってきます』という言葉をかけて期待をもたせてしまって申し訳ありません。
(RIDDLEは戻って来ます)


早く発表した方がいいんじゃないか、活休発表してからの方がいいんじゃないか、メンバー決まってからの方がいいんじゃないかとメンバー内での意見は沢山ありました。
その中で全員の意見を合わせた結果が今回の発表の仕方だったのでご理解いただけると嬉しいです。


今回のツアーで各々思っていることや不満などをぶつけ合ったりしていく中で(喧嘩ではないです)思っていることや目指す場所、他にも沢山ぶつかった部分がありました。
なので僕はいろいろ悩んだ結果RIDDLEを辞めるということになりました。
今のRIDDLEは基本的には仲良しなんですけど楽器持つと仲悪いバンドです(笑)
でも縁を切るような形でバイバイしてないから今後もミュージシャンとして共に頑張っていこうねって感じです。


平野兄弟はRIDDLEを続けていきます。将くんは料理を頑張っていくと思います。
ここも賛否両論だと思いますけど僕の中では彼の持つものがギターから包丁に変わっただけで夢を追いかけてるのでかっこいいと思うし今後も頑張って欲しいです。
だからRIDDLEと将くんを今後も応援してあげてください。


僕はドラムを続けていきます。今はもっともっと立派なドラマーになれるように日々努力しています。
その中で一緒にバンドやりたいメンバーが見つかればまたバンドを始めようと思っています。
スタジオミュージシャンとしてか、バンドマンとしてか、誰かのサポートとしてかわかりませんが、
またみなさんの前で胸張ってライブできる環境は自分からどんどん作って行きますので今後も応援宜しくお願いします。


今まで本当にお世話になりました。これからもずっとずっと仲間でいてください。そしてこの4人にしっかり期待しておいてください。



Drums 須崎勇登

RIDDLE

-------------------------------------------------------
RIDDLEが活動休止と言う最中に、突然の御報告になってしまい申し訳御座いません。


この度、私、関村 将はRIDDLEを脱退させて頂く運びとなりました。
このタイミングでの御報告になってしまった事を深く御詫び申し上げます。


雨が降り頻る、とある夜の狭い軽自動車の中で話し合った時に、勇登が辞める事が決まって。
それから蒸し暑い夜に渋谷の地下で俊輔さんと話し合って。
そして目が痛くなる様に照りつけてくる太陽から逃げる様に入って行った下北沢の隠れ家で崇尋さんと話し合って。


日々の生活に追われる中で、僕自身も、RIDDLEメンバーも沢山頭を抱えながら考えてきました。
全員の意見を素直に話し合い、今回の決断に辿り着きました。
でもそれは決して後ろ向きな考え方ではなく、僕達全員が前を向いて導き出した、今出せる最善の答えがこの形でした。


僕自身の脱退の理由ですが、一バンドマン、ギタリストとして成し遂げたい事よりも、バンドを中心とした生活から離れても成し遂げたい事が出来たという事。
そして今年の四月に医師から宣告を受けた様に、左手の薬指が思う様に動かなくなってしまい、今迄通りのプレイ、今以上のプレイをRIDDLEとして出来無いと判断した事もあり、『バンドを中心とした生活から離れる』と言う踏ん切りを自分自身に着けられた事にあります。


ただ、完全に音楽から離れると言うわけではなく、今迄細々と続けてきた音楽活動は自分のペースでゆっくり続けていきたいと思っています。


勿論、崇尋さんと俊輔さんはRIDDLEを続けて行きますし、勇登はドラマーとしてこれからも日々成長して行く事でしょう。
どうかそれぞれの未来に光が射すように心から願っています。


僕がRIDDLEのギタリストとして活動してからのこの5年間の中で、数え切れ無い程の仲間と皆さんの笑顔に出逢わせて頂きました。


バンドマン、イベンター、スタッフの皆さん、関係者の皆さん、観に来てくれた皆さん、応援してくれた皆さん、そして崇尋さん、俊輔さん、勇登、剛ちゃん、ヤスさん。
今迄本当に有難う御座いました。
皆さんと過ごした日々は確実に僕の掛け替えのない宝物です。
これを糧にこれからの自分の人生をより豊かに、より前へと推し進めて行きます。


僕はこれからRIDDLEの一ファンに戻ります。
憧れていたバンドで少しの間でもギターを弾けて、皆と音を鳴らせて本当に楽しかったしとても幸せでした。
これからは皆さんと一緒にRIDDLEを応援して行きたいと思います。


最後に、言葉に出来無い位の感謝と愛を、今迄のRIDDLEを愛してくれた皆さんに。
そしてこれからもRIDDLEが愛で溢れたバンドで在りますよう、それぞれの未来に祝福を。


5年間、本当に有難う御座いました!!



Guitar 関村将

RIDDLE

-------------------------------------------------------



関しゃんとユウトがバンドを離れる事になりました。


この先のバンド活動、大げさに言えば人生について各々がどうしていきたいか話合い、それぞれの意志を尊重した結果です。


5月の時点ではほぼ決定していた事なのですが、今まで発表しなかったのは僕達の意思、判断です。
立て続けに悲しいニュースを届ける形になってしまい本当にごめんなさい。


すぐに納得してもらう事はできないかもしれませんが、2人もたくさん悩み、苦しみ、最終的には強い意志を持って決めた事だと思います。


共に夢を見て、共に闘ってきた大事な弟2人の決断と未来を、応援してもらえたら嬉しいです。


そして2人の決意に負けないよう、僕達2人も「RIDDLEを続ける」決断をしました。


道は別れますが、それぞれの道の先に花が咲くよう祈り、その日のために前に進んで行きます。


どうか、見ていてください。



RIDDLE Ba/Cho.平野俊輔 Vo/Gt.平野崇尋

RIDDLE

-------------------------------------------------------